jariのメモ

jariの備忘録(不定期更新)

データ管理とHDDのフォーマットについて

久しぶりの記事の更新です.4月にmacbook proを買いました.随分と放置してきましたが,それまでWindowsを使っていたので,今までのPCに残っているデータの管理の仕方を検討することにしました.macの設定についての備忘録(brewとか)を書いておけばよかったと思いましたけど,ここの存在を忘れたのでまぁ仕方ないでしょう.それにこのmacで新たに導入したのは,homebrewとpython(anaconda)とatomくらいなので記録を残しておかなくてもなんとかなるでしょう.そういえば(La)TeXすらまだいれてない......

元々のPCで管理していたのは画像と音楽ファイルだけで,その他大学の関係で使っていたファイル等については,クラウド上またはGitで管理していたので検討のスコープの外に置くことにする.要するに元々のPCから移行すべきデータは画像と音楽ファイルのみ.それまでも.HDDにはバックアップとして画像と音楽を保存してみてはいたのだけど,どうやらmacwindowsの両方で編集可能な方式でフォーマットしていなかったために,macからいじれなかったので,その方法とフォーマット形式についてと個人的なデータの管理方針について備忘がてら記事を書くことにしました.

データ管理について

いままでの運用では,HDDはあくまでバックアップというポジションだったのだが,メインPCをmacにし,こいつのSSDあんまり使いたくないという気持ちがあるので,外付けのHDDをメインの保存場所として利用することにする.画像については単純にこの方針でいいのだけれど,音楽ファイルについては少し趣が異なる.というのも,macbook proにはCDの読み込み口がないし,外付けでつける気もさらさらなく,現行通りwindowsのPCから読み込むことにするからであり,さらにwalkman用のため,音楽はiTunesで管理する気もさらさらないからである.

音楽ファイルについてはwalkmanでの利用を念頭に置いている.これらファイルのデータ構造がどうなっているか知らないけれど,walkmanで歌手名等を確認できることが大事であり,そのためにはメタデータが(walkmanから読み込める形で)記録されるように,Music Center fo PC で音楽ファイルの取り込みをする必要がある.walkman用にファイルを取り込むとiTunesに突っ込んだときメタデータが読み込めなくて不明のアーティスト扱いになるのでiTunesに入れることはもう諦めた.いまのWindowsPCはボロボロだけどWindowsなしで暮らしていくという気はなく,生活の補助としてWin機をどこかのタイミングで購入する予定である.

要するに画像ファイルについては,MacでSDカードから直接読み込んで編集したりして,そこからHDDに移し替えるというやり方をし,音楽ファイルについては原則Windowsから読みこんでそれをHDDに移すという方針である. つまりHDDはWin/Mac両方から書き込み可能なフォーマットである必要がある.

HDDのフーマット形式について

ざっとググってみたら, これ とかこれ がでてきた. 

要するにWinの標準の形式はNTFS(New Technology File System)でこれはWin用に最適化されたファイルシステムで,Macだと読み込みはできるけど,書き込みができない.

Win/Mac両方で読み書きできるファイルシステムとしてはFAT32exFATという2つがある.前者は互換性に優れるけれど,1ファイル容量制限が4GB等の制約がある.後者は古いシステムとの互換性がなくなるが,ファイルサイズの制約等の制約がない.

古いシステムに触れる気はさらさらないし,動画とか保存することがある4GBを超える可能性はあるので,今回利用するHDDは改めてexFATでフォーマットすることにした.